⇒バルクオム【特別キャンペーン】詳細はこちら
バルクオム限定キャンペーン開催中

※既にキャンペーン終了している場合は、リンクがエラーになる可能性があります。

キャンペーンを見る

バルクオム【洗顔の使い方・化粧水の付け方】120%使い倒す方法|やり方動画付き

バルクオム【洗顔の使い方・化粧水の付け方】120%使い倒す方法|やり方動画付き 未分類

バルクオム正しい使い方効果的な使い方を調べた結果、以下のことが分かりました

バルクオム使い方
下矢印3本
重要な3つのポイント
  • バルクオムの洗顔は朝晩の2回だけの使用がベスト
  • 脂性肌でも1日に3回以上使用すると皮脂が余計に分泌されてしまう
  • 乾燥肌の人は洗顔後は化粧水に加え乳液を使うとなお良し

下矢印一本

結論:バルクオムは朝晩2回使うのが良く、乾燥が気になる人はバルクオム乳液も使った方が良い

たまやん
たまやん

俺は乾燥肌じゃないけど、冬は乾燥するから乳液も使うぜ!

⇒バルクオムを【限定価格】で買えるサイトはこちら


【速報】限定キャンペーン

バルクオム キャンペーン
\ ※在庫に限りあり/

⇒バルクオム洗顔の口コミ・評判はこちら

バルクオム【口コミ 全269件】から効果を暴露!怪しい・ステマって本当?
ここではバルクオムの口コミや本当の効果についてご紹介しています。バルクオムの評判を実際に調べてみると効果があった!などの良い口コミから怪しい!ステマかも・・・というような悪評まで幅広くありました。そこで信頼性の高い口コミだけを分析してみた結果意外なことで分かったので気になる人はぜひご覧ください。

どんなに優れたスキンケア商品でも、正しい使い方で行わなければ本来の効果は得られません。

んなに優れたスキンケア商品でも、正しい使い方で行わなければ本来の効果は得られません。

間違った使い方をすれば効果がないだけではなく、悪化する事さえあります。

せっかく買ったスキンケア商品、無駄にしたくないですよね。

そこで今回は!

バルクオムの効果が最大限に引き出せるように、バルクオムを120%使い倒せる方法と肌質によってベストなやり方を調べてみました!

また、公式サイトには乗っていないちょっと変わった使い方もお教えします。

バルクオムの正しい使い方を知りたい人は是非とも御覧ください。

↓気になる所を【クリック】してください

バルクオム洗顔の正しい使い方【公式動画参照】

まずは、バルクオム洗顔の正しい使い方について説明していこうと思います。

ちなみに、ここで解説していく方法は以下の武藤さんが説明しているバルクオムの公式動画を参照にしたものです。

"THE FACE WASH"(洗顔)の泡立て方・使い方

動画を見るのがめんどくさいという人は、バルクオム洗顔の公式の動画をもとに解説していますので以下の文をお読みください。

【前準備】バルクオム洗顔のやり方1

・泡立てネットをぬるま湯に付ける

・洗顔料は10円玉の大きさに取る

・大きく空気を含ませながら泡立てる

まず、バルクオムのネットを人肌と同じくらいの温度のぬるま湯に付けてください。

乾いた状態のネットではバルクオムの洗顔料を上手く泡立てることが出来ません。

次はバルクオムの洗顔料をネットに付けましょう。

この時付ける量は十円玉程度の大きさを目安にしてください。

少量だと泡立てた時に泡が少なくなってしまい顔を洗うのに足りなくなってしまいます。

また、泡立るときに注意してほしいやり方は細かく動かして泡立てないことです。

細かく動かして泡立てる人は多いのですがそれは間違いです。

バルクオムの洗顔料は大きく動かして空気をしっかりと含ませて泡立てなければキメ細かい泡が出来ません。

最初の方は大きな泡しか出来ず細かく動かしたくなるかもしれませんが、

そこをグッと堪えて大きく動かし続ければ、キメの細かい泡が出来上がります。

【洗顔の順番】バルクオム洗顔の使い方2

・皮脂の多い箇所から洗う

・乾燥している箇所は最後に洗う

バルクオムの洗顔の使い方は、泡を顔を乗せる順番が重要です。

まず、泡を皮脂の多い部分や気になるところから付けていきます。

皮脂の多い箇所から付けると洗う際に皮脂を落としやすくなります。

また、顔を洗顔する際にも皮脂などが気になる箇所からの洗顔が良いでしょう。

逆に、乾燥してしまっているデリケートな部分は

出来るだけ泡が付いている時間を短くした方がいいため、最後の方に軽く洗うと良いです。

長時間泡が付いていると、肌を傷つけてしまうことになります。

【洗顔の注意点】バルクオム洗顔の使い方3

・肌に直接手の平を当てない

・Tゾーンを忘れない

・バルクオムの洗顔は1分程度で終わらせる

バルクオム洗顔の使い方で注意して欲しいのは、

出来上がった泡を顔に着けたあと、手の平を顔の肌に当てず、撫でるようにして洗うことです。

手の平で直接擦ると、肌を傷つけることがあります。

また、この時ほっぺたの方ばかりを洗ってしまいがちになり、

Tゾーン(額・鼻・顎先)がおろそかになってしまう人が多いので気を付けてくださいね。

洗い忘れがあると、皮脂が残ってしまいニキビの原因になる可能性があります。

ただ、丁寧に洗うのも大切ですが時間をかけ過ぎると肌に負担がかかるので、早めに(1分程度)洗い終えるようにしましょう。

【洗い流し】バルクオム洗顔の仕方4

・お湯の温度は人肌程度で

・流し残しがないようにする

万遍なく洗顔ができたら最後は洗い流しです。

バルクオムの洗い流し方は水の温度は泡立ての時と同じく、人肌程度がおすすめです。

温度が高いとその熱で肌に含まれている水分までもが蒸発してしまい、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

逆に、冷水を使った仕方だと皮脂が溶けずに固まってしまい洗い落すことが難しくなります。

また洗い残しにも注意してください。

洗い残しがあるとニキビの元となるアクネ菌が繁殖してしまったり、臭いの原因になるためしっかりと洗い流しましょう。

B・特に、髪の付け根や耳の裏などに洗い残しが多いから気を付けてください

バルクオムの泡立てネットの使い方・泡立て方のコツ

バルクオムの洗顔料を泡立てるコツは以下の2つです。

・人肌程度のぬるま湯にネットを付けてから泡立てる

・空気含ませるように大きな動きで泡立てる

この2つのコツを押さえれば、普段洗顔料を使わなくてどう泡立てればいいか分からない人でも簡単にキメ細かな泡を立てることが出来ます。

ちなみに泡立てネットを使わないで、

素手で泡立てようとすると洗顔料が手の平に広がるだけでまったく泡立たないので注意してくださいね。

バルクオム洗顔料での洗い方のコツ!効果を最大限に引き出す

バルクオムの洗顔料を使った洗い方のコツは

「筋肉の走行に沿って、円を描くように洗う」ことです。

具体的に説明すると筋肉の走行に合わせて円を描くように洗うと、リンパを刺激することが出来ます。

リンパが刺激されると、老廃物を外に出すように促すことになるので肌の外側だけでなく、内側もキレイにすることが出来ます。

この洗い方には余分なな力は不要なため、優しい力加減を意識してくださいね。

バルクオム洗顔料の効果を最大限に引き出したい時は、是非ともこの洗い方を試してみてください。

【1日に何度も洗顔してしまう】バルクオムを使った間違った洗顔方法①

バルクオムを使った間違った洗顔方法で代表的なのは

「1日に何度も洗顔してしまうこと」です。

確かにたくさん洗顔した方が早く皮脂が取れて、肌がキレイになるイメージがありますが、

実際にはキレイになるどころか何度も洗顔したことで肌が傷付き、皮脂の量が増えてしまいます。

そのため、1日に何度も洗顔するのは絶対に辞めましょう。

ちなみに、朝と晩の2回洗顔するのが肌を傷つけることなく洗顔できる回数です。

【力のメリハリをつけていない】バルクオムを使った間違った洗顔方法②

また、「力のメリハリを付けずに洗顔をする」こともバルクオムを使った間違った洗顔方法です。

力のメリハリを付けずに、一定の力で洗ってしまうと皮脂の量が多いところをキレイに洗うことが出来ません。

肌を優しく洗おうと気遣うのは大切なのですが、

肌は場所によって皮脂の量が違うので皮脂量が多い箇所は少しだけ力を加えて、

逆に皮脂量が少ない箇所は特に優しく洗うなどして力のメリハリを付けるのが大切です。

皆が実践しているバルクオムの洗顔料の使い方

バルクオムの洗顔料の使い方を探しているとおもしろい方法を見つけました。

それは洗顔料の泡立てた泡にオイルを1滴付けるというもの。

なんと、オイルを付けることで保湿力が高くなるのです。

また、オイルがなくても蜂蜜で代用できるのでお手軽に出来ちゃいます。

ただし、泡立てる前の洗顔料にオイルを付けると泡立ちがあまり良くないので泡立てた後に付けましょう。

B・ちなみに使用する何でも構いませんが、ホホバオイルは保湿力が高いのでおすすめです。

バルクオム化粧水の付け方【公式動画参照】

バルクオムの洗顔料の次はバルクオムの化粧水の付け方について説明していこうと思います。

化粧水は洗顔後、肌に水分を与えるために使用するもの。

洗顔後に化粧水を使うのと使わないのとでは、肌の潤いに天と地の差があります。

そんな重要な役割を果たす化粧水の使い方についても

公式動画を参照にしたものを分かりやすくまとめたもので解説していきます。

参考元の動画はこちら

"THE TONER"(化粧水)の使い方

【2プッシュ・500円玉を目安に】バルクオム化粧水の付け方1

・500円玉を目安に出す

・手の平で化粧水を温める

バルクオムの化粧水の正しい付け方は、まず手の平に化粧水を500円玉ほどの大きさを目安に出すことです。

化粧水の量が多すぎると肌がべた付き、浸透しにくくなります。

またこの時、化粧水の入った容器の側面を持つようにすると出す量を調整しやすいです。

間違っても容器を強く持ったり、早く出さないようにしましょう。

こぼれてしまう事があります。

バルクオムの詰め替え用ボトルを持っている人は2プッシュほどで簡単に適量を出すことが出来ます。

手の平に出し終えたら、両手にバルクオムの化粧水を広げましょう。

化粧水を広げる際に、少し化粧水を温めると化粧水を付けるとき肌になじみやすくなります。

【肌に押し込むように馴染ませる】バルクオム化粧水の付け方2

・肌に押し込むように付ける

・付け忘れがないようにする

化粧水を手の平で少し温めたら、顔全体に広げるように優しく塗りましょう。

化粧水は人肌程度の温度に温めると肌に浸透しやすくなります。

また、化粧水の付け方のポイントとして肌のなかに押し込むようにすると、肌に化粧水が馴染みやすくなります。

ちなみに、顎先や耳の近くは付け忘れてしまう人が多いので気を付けてください。

付け忘れがあると肌の水分量のバランスが取りずらくなってしまいます。

【重ね付で保湿力UP⤴】バルクオム化粧水の付け方3

・重ね付けする

乾燥肌だと化粧水を付ける時に普通の量だと、保湿力が足りるのか不安になりますよね。

そんな時には化粧水を重ね付けして保湿力を高めるのがおすすめです。

1度目よりも少ない量の化粧水を出して、乾燥が酷いところや気になるところに付けたり

少ない量で顔全体に万遍なく薄く付けると化粧水が通常よりも肌に浸透しやすくなります。

ただ、どちらの方法も必ず1度目より少ない量の化粧水で行いましょう。

バルクオム化粧水の付け方のコツ!効果的に使う方法!

バルクオムの化粧水を付ける際には適当な箇所から付けるのではなく、内側から外側へと流れるように付けるのがコツです。

適当な箇所から付けてしまうと、バルクオムの化粧水を付け忘れる箇所が増えてしまうことがあります。

付け忘れがあるとムラが出来てしまい肌の水分のバランスが乱れることがあるので要注意です。

対して内側から外側へと付けると万遍なく化粧水を簡単に付けやすくなるので、ムラが出来にくくなります。

塗りムラが無ければ保湿効果が高まるため、バルクオム化粧水を効果的に使う時には

内側から外側へと付けるのが効果的な化粧水の付け方です。

【使う量が多い】間違ったバルクオム化粧水の付け方①

バルクオムの化粧水の間違った付け方は1度に大量に付けてしまうことです。

特に乾燥肌の人に多いのですが早く肌に水分を与えようと、1度に化粧水をたっぷりと使うことがあります。

しかしこれはNGです。

1度に付ける化粧水が多いと肌がべた付き、化粧水が肌に浸透しずらくなってしまうのでやめましょう。

【肌をパチパチと叩く】間違ったバルクオム化粧水の付け方②

また、バルクオムの化粧水を付ける際に肌をパチパチと叩くのも間違った付け方です。

パチパチと叩くと肌に化粧水が馴染んでくれるような気がしますが、これは肌に化粧水を馴染ませるどころかダメージを与えてしまっています。

ですので、パチパチと叩くのではなく化粧水を肌に押し込むように手で覆って付けましょう。

こうすることで、肌に化粧水が馴染みやすくなります。

皆が実践しているバルクオム化粧水の付け方

バルクオムの化粧水を付ける方法として、口コミを調べると意外と多いのが

「霧吹きを使う方法」です。

霧吹きで顔全体に満遍なく化粧水を付けてから、自分の手で押し込めるように化粧水をつけるというもの。

霧吹きは霧状にバルクオムの化粧水を出すことが出来るので、誰でも簡単に顔全体に均一に掛けることができるので、

万遍なく保湿することが出来ます。

自分で顔に満遍なく付ける自信があまりないという方たちはおすすめの方法です。

実際に私自身もこの方法を試してみましたが、簡単に顔全体に化粧水を付けることができました。

バルクオム乳液の使い方【公式動画参照】

バルクオムの洗顔料・化粧水ときたら最後は乳液の使い方の解説です。

バルクオムの乳液の使い方もバルクオムの公式動画を参考に解説していきます。

参考元

"THE LOTION"(乳液)の使い方

乳液は洗顔後に化粧水で与えた水分を逃がさずに、肌に閉じ込める役割を持ちます。

人によっては乳液を使わずに化粧水だけしか付けないという人もいますが、化粧水だけよりも乳液を使用した方が保湿力が上がりますし

特に乾燥肌の人は乳液を使用した方が肌の潤いが段違いです。

【1.5プッシュ・10円玉を目安に出す】バルクオム乳液の使い方1

・10円玉を目安に出す

・詰め替え用ボトルなら1.5プッシュ

バルクオムの乳液の正しい使い方は、まず乳液を10円玉程度の大きさを目安に出すことです。

1回に使う量が多すぎると乳液の油分によってニキビの原因になってしまいます。

逆に少なすぎると顔全体が乳液で覆えなくなるので1回に使う量には注意が必要です。

バルクオムの3ステップコースを購入した方には特典として詰め替え用ボトルがあるとおもうので、

それを使用すればおおよそ1.5プッシュほどで10円玉程度のバルクオムの乳液を出すことが出来ます。

【ゆっくりと肌に馴染ませる】バルクオム乳液の使い方2

画像

・優しく付ける

・肌を叩かない

次は顔全体に、バルクオムの乳液を1分ほど時間をかけて手の平で優しく付けましょう。

このとき付け忘れてしまう部分がないように注意してくださいね。

付け忘れがあると先に付けた化粧水に蓋が出来なくなるので化粧水の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

また、化粧水を付ける時と同じく肌をパチパチと叩いて馴染ませようとする使い方は

肌にダメージを与えるだけなのでNGです。

【乾燥しやすい部位に重ね塗り】バルクオム乳液の使い方3

画像

・重ね塗りする

乾燥しやすい部位や気になる箇所がある人は、バルクオムの化粧水と同じようにバルクオムの乳液を重ね塗りするとなお良しです。

バルクオムの乳液を重ね塗りすることで保湿力がさらにUPしてくれます。

使い方は指先に少しだけ乳液を乗せ、それを重ね塗りしたい箇所に薄く付ければOKです。

間違えても、大量の乳液で重ね塗りするような使い方はやめましょう。

肌がべたついてしまい浸透しづらくなってしまいます。

バルクオム乳液の使い方のコツ!120%使い倒す方法

バルクオムの乳液を120%使い倒す使い方に「乳液洗顔」があります。

乳液洗顔を行う事により、角質や皮脂を落とし肌に水分を与えることが出来ます。

やり方は以下の通りです。

①通常の洗顔をする

②バルクオムの乳液で顔全体を覆う

③お湯の蒸気などで顔を蒸らしながら角質と乳液を混ぜ合わせるように優しくマッサージを行う

④肌の乳液の色が白色から無色になったら、やや湿った蒸しタオルで顔の乳液を優しくふき取る

④の際、乾いたタオルを使うと肌を傷つけることがあるため必ず蒸しタオルを使いましょう。

また乳液をふき取る時、角質は乳液と混ざったことによりふやふやになっており、取りやすくなっているので余分な力は必要ありません。

コツとしては、優しくすくう感じをイメージすると良いでしょう。

【付けるのが早い】間違ったバルクオム乳液の使い方①

乳液を使う際に多い間違いが「乳液を付けるのが早すぎる」ことです。

化粧水を使った後、すぐに乳液を付ける人が多いですが残念ながらそれはNGな使い方です。

早くつけた方が乳液がすぐ浸透してくれそうな感じがしますが、

化粧水がなじむ前に乳液をつけてしまうとよれてしまい、ムラが出来て乳液が浸透しずらくなります。

ですので、化粧水を付けた後に3分程待ってから、バルクオムの乳液を使うようにしましょう。

【マッサージをしてしまう】間違ったバルクオム乳液の使い方②

バルクオムの乳液を付けた際に、そのまま他の肌のケアをしようと顔のマッサージを始める人がいますが、それは間違った乳液の使い方です。

マッサージ自体はいいのですが、そのマッサージの力加減には注意が必要です。

普段行うような強めのマッサージなどをおこなってしまうと肌に不必要な疲労を与えてしまうことになります。

ですので、もしも乳液を付けたあとにマッサージをするのなら普段よりも優しい力加減を意識するようにしましょう。

皆が実践しているバルクオム乳液の使い方

バルクオムの乳液の使用方法で皆行なっているのはコットンを使った方法です。

まず乳液を顔全体に万遍なく付けた後、肌の気になる箇所に乳液を少量乗せたコットンを肌に貼り付けます。

このまま10分程度放置したら剥がして終わりです。

すると、肌の保湿力が上がるため肌が引き締まり、張りのある肌が手に入れることが出来ます。

実際、この方法は私自身気に入り毎日行っており、張りのある肌を手に入れることが出来ました。

【肌質別】バルクオムのおすすめの使い方

バルクオムは肌質によって使用方法を少し変えるのもおすすめです。

肌の痒みが酷くて辛い乾燥肌や皮脂によって顔がテカって見えてしまう脂性肌を

少しでも早く改善できるのならそっちの使い方の方がいいですよね。

ですので、ここでは肌質別にバルクオムのおすすめの使い方をお教えしていこうと思います。

どれも手軽にできる使い方なので是非とも試してみてくださいね。

普通肌の人のバルクオムの使い方

まずは普通肌の人たちにおすすめしたいバルクオムの使い方をお教えします。

普通肌は肌の水分量が充分であり、血流の流れも良いため肌の状態としては満点です。

肌質は改善するよりも維持する方が圧倒的に簡単なので

是非ともその肌質を維持していきましょう。

では普通肌の肌質を維持するためのバルクオムの使い方を解説していきます。

バルクオム洗顔の使い方【普通肌編】

・優しく洗う

・洗い忘れ・流し忘れがないようにする

普通肌の人のバルクオムの洗顔料の正しい使い方は、洗顔する際に優しく洗うようにすることです。

強い力で洗顔してしまうと、折角の普通肌にダメージを与えてしまいます。

洗う際には額・鼻・顎先といういわゆる「Tゾーン」を洗い忘れがちになる人が多いので忘れずにしっかりと洗いましょう。

また、洗い流す時の流し忘れがないように気おつけてください。

調べて見ると髪の付け根や耳裏、顎回りを流し忘れる人は特に多くみられるようです。

洗い残しはニキビの原因であるアクネが繁殖するのに加担してしまいますし、臭いの元にもなります。

バルクオム化粧水の使い方【普通肌編】

・バルクオムの化粧水を温める

・肌をパチパチと叩かない

化粧水は肌に水分を与えるために使います。

そもそも、男性の肌の水分バランスは女性と比べてあまりよくないので、洗顔後に化粧水を使うのはとても大事なことです。

使い方としてはまず、手の平でバルクオムの化粧水を少し温めたら、化粧水を顔全体に満遍なく付けてください。

この際肌をパチパチと叩くのはやめましょう。

肌にダメージを与えることになります。

ですので、パチパチと叩かずに肌の中にバルクオムの化粧水を押し込むように優しくプレスをしてください。(10秒ほど)

手を放して肌が吸いついているような状態になっていればOKです。

バルクオム乳液の使い方【普通肌編】

最後の仕上げは乳液です。

割と多いのが、「昨日はバルクオムの乳液を付けたけれど今日はいいや」と毎日付けずにバラバラに乳液を付ける人。

これは辞めましょう。

乳液を付けない日があると肌の水分バランスが乱れやすくなってしまい、

一度、肌の水分バランスが乱れてしまうと、再び水分バランスを整えるのに不要な時間が掛かってしまうことになります。

ですので、水分量を維持するために、毎日使って肌の状態を保つようにしましょう。

使い方はバルクオムの化粧水と同じように適量を手の平で温めたら、満遍なく顔を覆うように塗つけてください。

また、日によって肌の状態は変わるのでもしも気になる部位などがあるのなら重ね塗りするのもありです。

普通肌の人がバルクオムを使う時のコツ

普通肌の人がバルクオムを使う際のコツは

・毎日の肌の手入れを継続する

・肌に不要な刺激を与えないように気を付ける

この2つです。

肌の毎日の手入れは特に重要です。

「そんなの聞くまでもなく知ってるわ」という人も多いかもしれませんが、知ってても行動しなければ意味がありません。

実際、肌のケアを仕事の疲れなどから1日だけ行わない人は大勢います。

毎日行わないと、肌の水分量が乱れてしまいニキビの原因などになってしまうかもしれません。

また、普段から肌の刺激にも気を付けてください。

顔が痒いからと言ってガシガシと強く掻くと肌に大きなダメージがつくため注意が必要です。

ですので、最初に記述した2つに注意しながらバルクオムを使用して肌質をキープしましょう。

乾燥肌の人のバルクオムの使い方

乾燥肌は文字通り「肌に水分が十分に足りていない」状態の事です。

水分が足りていないと、肌が乾いて粉のような皮膚がパラパラと落ちてしまいイライラしますし、

また、肌がカサカサの状態だと異性からの視線も気になります。

いちいち人の視線が気になるのは居心地が悪いですよね。

そこで、そんな乾燥肌の人におすすめな、

自分の肌に自信が持てるようになるバルクオムの使い方を解説します。

バルクオム洗顔の使い方【乾燥肌編】

・刺激を少なく洗う

・早く洗い終える

まずはバルクオムの洗顔の使い方。

乾燥肌は通常の状態よりも刺激に敏感です。

そのため、洗顔の際には普段よりも優しく洗うのを心がけましょう。

手の平を直接肌に当てずに泡を通して撫でるように洗うと良いです。

ただし長時間の洗顔はかえって肌にダメージを与えるのでスピーディーに洗いましょう。

洗顔を終えた後、タオルで拭く際にも擦らずにタオルを肌に押し付けるようにして拭くと刺激を押さえて拭くことが出来ます。

バルクオム化粧水の使い方【乾燥肌編】

・バルクオムの化粧水を少し多めに使う

・優しく付ける

次はバルクオム化粧水の使い方です。

乾燥肌の人はこの化粧水をつけるのが一番大事です。

乾燥肌は少し多めの化粧水を使いましょう。

ただし、一度に多くの量を使うのではなく小分けにして数回にわたって付けるようにしてください。

1度に付けてしまうとバルクオムの化粧水がべた付きやすくなります。

洗顔とちがってスピーディーにやる必要はないので、ゆっくりと丁寧に行いましょう。

優しく付けるのも忘れないでくださいね。

バルクオム乳液の使い方【乾燥肌編】

・できるだけ早くバルクオムの乳液を付ける

乳液の使い方としては,化粧水を付け終えたあとは極力早く乳液を付けましょう。

モタモタしていると折角化粧水で与えた水分が逃げてしまいます。

ただ、化粧水がまだべた付いている状態では付けないでください。

化粧水がべた付いている状態で乳液を使うとムラが出来てしまい馴染みにくくなります。

乳液も化粧水と同じように少し多めの量で数回にわたって付けましょう。

付ける際に手の平で少し温めると肌に馴染みやすくなります。

ちなみに乾燥が酷いところや気になるところには重ね付けするとなお良しです。

乾燥肌の人がバルクオムを使う時のコツ

乾燥肌の人がバルクオムを使用する際のコツは以下の2つです。

・ぬるま湯を使う

・普段より優しい力加減を心がける

乾燥肌は普通肌に比べて肌が敏感なので刺激には注意しなければいけません。

高温のお湯で肌を洗うと大きな刺激になるのでぬるま湯を使いましょう。

また、洗顔などの際にも擦らずに撫でるように洗うのがおすすめです。

脂性肌の人のバルクオムの使い方

脂性肌は皮脂が多くてべた付きやすく肌がテカテカしているように見えてしまいます。

また、皮脂が多いとニキビができやすいため毎朝ニキビが出来ているか不安ですし

出来てしまった日には、人からどう見られているか心配ですよね。

ですので、ここではそんな不安を作り出す脂性肌に対して、効果の期待できるバルクオムの使い方を紹介していこうと思います。

バルクオム洗顔の使い方【脂性肌編】

・バルクオムの洗顔回数は朝晩の2回行う

・強い力で洗わない

脂性肌の人に多いバルクオム洗顔の使い方が、皮脂を取ろうと一日に何度も洗顔することです。

これは逆効果なので絶対に辞めてください。

何度も洗ったりすると逆に皮脂が増える原因になります。

朝晩の1日2回の洗顔回数を守って優しく洗いましょう。

また、皮脂を落とそうと強い力で洗顔するのも肌にダメージが付いてしまうので優しい力で洗うようにしましょう。

バルクオム化粧水の使い方【脂性肌編】

・洗顔後すぐにバルクオムの化粧水をつける

・肌を叩かない

化粧水の使い方としては、洗顔を終えたらバルクオムの化粧水をスグにつけてください。

洗顔後、長い時間何もしないでいると肌の中が乾燥してしまいます。

そうなると、皮脂がたくさん出ることがあるので注意してください。

また、バルクオムの化粧水をつける際に肌をパチパチと叩く人がいますが、それが原因で皮脂が分泌されることもあるので辞めましょう。

バルクオム乳液の使い方【脂性肌編】

・化粧水が肌に馴染んでから乳液を使う

・適量よりもちょっと少なめの乳液を使う

バルクオムの乳液はバルクオムの化粧水が肌にしっかりと馴染んだ後に使いましょう。(大体バルクオムの化粧水を付けてから3分後がベストです)

バルクオムの化粧水が馴染む前に、バルクオムの乳液を付ける使い方をしてしまうと肌の水分バランスが乱れることがあります。

また、脂性肌の人は肌がべた付かないように、乳液を通常よりも少し少なめの量で使うと良いです。

イメージとしては、顔全体に薄い膜を張るように優しく塗る感じです。

脂性肌の人がバルクオムを使う時のコツ

脂性肌の人がバルクオムの使う際のコツは以下の2つです。

・何度も洗顔しない

・強くこすらず優しく付ける

何度も洗顔したり、強くこすった方が皮脂が取れてくれるようなイメージがありますが残念ながらそれは間違いです。

何度も洗顔してしまうとかえって肌に傷が付いてしまい、余計に皮脂が作られてします。

ですので洗顔は1日朝晩の2回、バルクオムを使う際には優しい力加減を心がけましょう。

混合肌の人のバルクオムの使い方

最後は混合肌のバルクオムの使い方について説明します。

混合肌は皮脂が多い部分と乾燥している部分が肌にある状態で、

さきほど使い方を説明した乾燥肌と脂性肌の両方が肌にあるとイメージしていただければ大丈夫です。

めんどくさい肌の状態が2つもあるこの混合肌にいいバルクオムの使い方について説明していきます。

バルクオム洗顔の使い方【混合肌編】

・ぬるま湯で洗う

・皮脂の多いところから泡を付ける

洗顔する際には人肌程度の温度(35~37度)の水で洗いましょう。

40度などの高温のお湯で洗顔すると肌に不要な刺激を与えることになってしまいます。

また、泡は皮脂の多いところから付けていきましょう。

逆に乾燥の多い部分は後半に行い、極力泡が付いている時間を短くする使い方を行うとよいです。

バルクオム化粧水の使い方【混合肌編】

・箇所によってバルクオムの化粧水を付ける量を変える

混合肌は箇所によって乾燥していたり、皮脂が多かったりするので化粧水の使う量を箇所によって分ける使い方がおすすめです。

1度に付けるのではなく小出しにして乾燥が強い部分は少し多めに、皮脂が多いなら少し少なめに化粧水を付けましょう。

1度に付けてしまうと箇所によって塗り分けることが難しくなってしまいます。

バルクオム乳液の使い方【混合肌編】

・数回に分けてバルクオムの乳液を付ける

・乾燥の酷いところは最初に付ける

・皮脂が多いところは最後に付ける

バルクオムの乳液を付ける際も、化粧水を付ける時と同じく小分けにして数回に渡って付ける使い方がおすすめです。

最初に付ける時は乾燥が酷くなりやすい目元、口の周辺から付けるとよいです。

逆に皮脂などが多い部分は最後の方に行い、薄く塗りましょう。

特に、皮脂の多い箇所は乳液で薄く這わせるように付けるのがいいです。

混合肌の人がバルクオムを使う時のコツ

混合肌の人がバルクオムを使う時のコツは、箇所によって対応を変えることです。

乾燥気味なところは刺激に気を使い、優しく洗う。

皮脂が多ければ化粧水や乳液を使う際に後回しにするなどして、

対応を変えてバルクオムを使用することが重要です。

バルクオムの使い方に関するQ&A

バルクオムだけに限らず、基礎化粧品などを使う際に、

「あれっ?これってどうしたらいいんだろう?」なんて悩む経験は誰しも1度はありますよね。

かといっていちいち調べてどれが正しいのか探すのも面倒です。

ですので、ここではバルクオムの使い方に関するよくある悩みをスパっと解決する答えをお教えします。

バルクオムを使う順番は?化粧水が先?それとも乳液?

Q・バルクオムの化粧水と乳液ってどっちを先に使うの?

A・バルクオムの化粧水と乳液の使う順番は化粧水が先です。

何故化粧水を先に使うのかというと、化粧水は肌に水分を与え、乳液はその与えた水分が逃げ出さないように蓋をするために使うからです。

これはバルクオムの化粧水や乳液だけでなくすべての商品に言えることです。

何もないところに蓋をしても意味がないので化粧水を先に使うのです。

バルクオムでの洗顔回数は1日何回がベスト?洗顔頻度を教えて!

Q・バルクオムの1日の洗顔回数は何回がいいの?

A・バルクオムの洗顔回数は1日に2回がベストです。

ちょっと少ないかも?と思う人もいるかもしれませんが、

1日に何回も洗顔をしてしまうと肌を傷つけたり、余分な皮脂がでてしまうだけなので絶対にやめてくださいね。

1日に2回の洗顔頻度で十分に効果が期待できます。

バルクオムで洗顔する時間はどれくらいがベスト?

Q・バルクオムの洗顔時間ってどれくらいがいいの?

A・バルクオムの洗顔時間は泡立てた泡を顔に付けてから大体1分程度がベストです。

稀に、じっくり丁寧に洗おうと5分以上掛けて洗う人もいますが絶対に辞めてください。

丁寧に洗うことは大切ですが、時間を掛け過ぎると肌のケアどころか肌にダメージを与えてしまいます。

特に乾燥肌の人は肌が敏感なためスピーディーな洗顔を心がけましょう。

バルクオム化粧水の使用量は何プッシュがおすすめ?

Q・バルクオムの化粧水の1回の使用量は詰め替え用ボトルなら何プッシュが良いの?

A・2プッシュがいいでしょう。

バルクオムの化粧水の使用量はしっかりと保湿したいならば500円玉ほどの大きさを目安に使用してください。(バルクオムの詰め替え用ボトルを使用すれば大体2プッシュほど)

500円玉以上の量を1度に使用すると効果が得づらくなる可能性があります。

出来るだけ長く使いたい節約思考の人は500円玉と100円玉の中間あたりの大きさで使用するのがいいでしょう。(バルクオムの詰め替え用ボトルなら1.5プッシュ程度)

ただ、節約のことばかりを考えて量を少なくし過ぎてしまったら効果が得られず本末転倒なので注意してくださいね。

バルクオムで洗顔すべきタイミングは?朝晩どっち?夜だけはあり?

Q・バルクオムの洗顔するタイミングはいつなの?

A・洗顔するタイミングは朝晩の2回がベストです

バルクオムの洗顔する理想のタイミングは朝晩の両方です。

朝晩2回バルクオムで洗顔すれば、朝は寝ていた時に掻いた汗で顔に汚れを

晩は外へ出かけたときについてしまった埃などの汚れを落とすことが出来ます。

また、朝は時間がないため夜だけしか洗顔しないという人もいますが、

それだと自分の理想の肌に近づくのに時間がかかってしまうので、極力朝晩の両方の洗顔が望ましいです。

バルクオムの洗顔は早ければ1分程度で終わるので、普段よりも1分ほど早く起きて洗顔してみるのはいかがでしょうか。

バルクオムの製品に使用期限はあるの?

Q・バルクオムの製品の使用期限はどれくらい?

A・開封後で1シーズン(3か月)程です

続いては使用期限についてです。

これもとても気になる質問であり重要なことですね。

使用期限の過ぎた商品を使ってしまった時には、たまったもんじゃありません。

では使用期限はどれくらいかというと、開封後は1シーズン(3か月)が目安です。

保存する際には、出来るだけ湿度や温度の変化が小さい環境で保存するようにしてください。

髭剃り後にバルクオムの化粧水をつけてもヒリヒリしない?

Q・髭剃りの後にバルクオムの化粧水を付けるとヒリヒリするの?

A・髭剃りの後にバルクオムの化粧水を付けてもヒリ付きません

化粧水の中には髭剃りの後に使うとヒリつくものもありますよね。

かくいう私も過去にヒリつくなんてことを知らずに化粧水を使ってしまい、地味にヒリヒリする痛みに悶えていました。

では、バルクオムの化粧水はヒリつくのかというと・・・・・・

そんなことありません。

そもそも髭剃り後に化粧水を使ってヒリつくのはメントールなどの清涼成分が含まれているものだけです。

ですので、メントールなどの清涼成分の含まれていないバルクオムはヒリつくことはありません。

バルクオムは冷蔵庫で保管しておいた方がいい?

Q・バルクオムは冷蔵庫で保管した方がいいの?

A・バルクオムを冷蔵庫で保管するのはNGです

化粧品は何故か冷やして保存するのがいいイメージがありますが、それは間違いです。

バルクオムだけでなく基礎化粧品などは温度の変化に対して弱いため、

冷蔵庫に入れてしまうと使用するたびに出し入れしてしまって品質が悪化してしまいます。

また冷蔵庫に入れると温度の変化だけでなく冷蔵庫にある菌も劣化を促進させることがあります。

ですので、バルクオムを保存する際にはできるだけ常温で保存するようにしてください。

バルクオムはどのくらいの期間持つ?

Q・バルクオムって1本でどれくらいの期間持つの?

A・バルクオムの商品は1本で大体1か月ほど持つようになっています。

ただ、口コミなとを調べて見るとバルクオムの洗顔料や化粧水、そして乳液は1か月以上もつというコメントが多数見られました。

個人差はあるでしょうが少なくとも1か月以上は持つと思っていいでしょう。

バルクオム化粧水が余る場合はどうしたらいい?

Q・バルクオムの化粧水が余るんだけどうしたらいい?

A・1か月で使いきれない場合は配送サイクルを60日に変えるのがいいでしょう。

さすがに配送サイクルを60日に変えて朝晩の2回使用している状態で余ることはないと思ういますが、

それでも余るのなら1度に使用している化粧水の量を見直して見てください。

おそらく1度の使用量が少なすぎると思われます。

バルクオムの使い方【まとめ】

いろんなバルクオムの使い方を説明いましたが、1度に全て覚えるのは難しいと思いますので、

とりあえず一際重要なポイントをまとめてみました。

このポイントさえ押さえれば、バルクオムを正しく使うことができるので是非とも覚えてくださいね。(もしくはメモを取るのがおすすめです)

・洗顔は1日に朝晩の2回まで

・バルクオムを使う時は優しい力加減を意識する

・化粧水と乳液は1度にたくさん使い過ぎない

・乳液を付けるのは化粧水を付けてから3分ほど待ってから

この4つのポイントはどの肌質でも共通するバルクオムの使い方なので

これらを押さえておけばバルクオムの使い方で大きな間違いをすることなないでしょう。

是非とも正しいバルクオムの使い方でカッコいい肌を手に入れてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました